Blog

2019/03/15
陶磁器の色いろ 〜モノトーン編:陶器の黒(後編)

さて、黒いやきものの話のつづきです。 前項では、ギリシアや中国の有名な黒をいくつかあげましたが、ここでは日本の […]

2019/03/04
陶磁器の色いろ 〜モノトーン編:陶器の黒(前編)

陶磁器の「黒」……なんだか、モダンなイメージがありますか? 今も昔も、粋なイメージの黒。もちろん、陶磁器におけ […]

2019/02/22
陶磁器の色いろ 〜モノトーン編:陶器の白

白の器の代表は「白磁」ですが、陶器でも白い器が作られました。白磁と違って、温かみがあって、厚みもあるもの。素地 […]

2019/02/01
陶磁器の色いろ 〜モノトーン編:磁器の白

白の器の代表、「白磁」の話をしていきましょう。素地そのものが白いので、割れた陶片をみても、中まで白いのが白磁で […]

2019/01/25
陶磁器の色いろ (序)

今回のテーマは、「色」です。 「陶磁器の色」という言葉のイメージで最初に浮かぶ色は何でしょうか? 土器を連想す […]

2018/11/02
「窯」見聞録 〜近現代

窯の話も近現代まで来ました。まずは、文明開化のお話からです。 江戸時代の約250年間というもの、「窯」に関して […]

2018/10/27
「窯」見聞録 〜近世 (後編)

前回は割竹式登窯の登場を書きました。しかし、その窯の形式は九州に留まってあまり広がらず、同じ登窯でも別の構造の […]

2018/08/03
「窯」見聞録 〜近世 (前編)

今回はやきもの戦争以後の窯の話です。 このエッセイでも時々でてくる「やきもの戦争」。豊臣秀吉が行った文禄・慶長 […]

2018/07/27
「窯」見聞録 〜中世

さて、窯の話は、大量生産へと進む、中世窯へと移っていきます。 鎌倉・室町時代と進むにつれ、庶民レベルまで陶器が […]

2018/07/20
「窯」見聞録 〜古代から中世へ

さあ、窯の話を続けましょう。まずは平安時代です。 前回に引き続き、穴窯によるやきものが作られ続けていましたが、 […]