都会の夏の、美術館庭園散策

update:2018/07/09

東京の表参道から徒歩10分程度にある根津美術館は、都会のオアシス的な存在。
緑豊かな庭園を散策できるし、雨天でも庭園内のカフェは大きな窓で囲まれていて、雨と緑をゆったり楽しめるつくり。

もちろん、美術館の展示もいつも素晴らしく、都会の喧噪を逃れて、空いた時間に何度足を運んだか分からないというファンもたくさんいるのではないでしょうか。
特に、暑くなってくると、涼を求めて根津美術館へ・・・といいう楽しみ方も。

そんな、ぶらっと思い立ったら根津美術館へ、という方のためにインフォメーションです。

根津美術館は夏の間、設備整備のため、休館するそうです。
正確な期間は、本日2018年7月9日から、8月31日まで。
http://www.nezu-muse.or.jp/

残念ですが、都内にはまだまだ庭園のある美術館はたくさん。
根津美術館が特に庭園が立派な上、表参道から徒歩でいけるという抜群アクセスで有名ですが、他にもこんなところが。

ここは一番有名でしょうね。美術館の庭園といえば、コレ。

東京都庭園美術館
https://www.teien-art-museum.ne.jp/
アール・デコの旧朝香宮邸を美術館も見応え十分ですが、広大な庭園を目的に来館する人も多いでしょう。西洋庭園の他、日本庭園もあって、築山や池も。歩きやすい靴でどうぞ。
アクセスは、目黒駅から徒歩で10分もかからないと思います。

静嘉堂文庫美術館
http://www.seikado.or.jp/
イギリス風の瀟洒な邸宅を美術館と、四季折々の花々が楽しめる庭園が有名。国宝の曜変天目「稲葉天目」を所蔵している美術館であり、現在は「明治からの贈り物」展が開催中。
アクセスは、二子玉川駅からバスまたはタクシーで。

五島美術館
https://www.gotoh-museum.or.jp/
王朝貴族を彷彿とさせる寝殿造りの意匠を取り入れた建物とそれを囲む庭園。散策路には茶室などもあり、ツツジや桜などの花でも知られています。
やや郊外になりますが、アクセスは、上野毛駅からは徒歩約5分。

他にも、美術館の庭園といえば、筆頭は東京国立博物館でしょう。ただし、残念ながら、公開は春と秋の年2回。正門から見る本館の裏側(北側)に、広い庭園がありますので、公開時期に合わせて、ぜひ散策を(展覧会は混雑しても、こちらはそんなに混雑するのは見たことがありませんので、お勧めです)。