注目の展覧会

update:2018/05/26

全国で開催される美術展、個展、公募展のうち、特に注目される展覧会をピックアップします。

フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年

東京赤坂のサントリー美術館の開館10周年を記念して、フランス・セーヴル陶磁都市が所蔵する名品を集めた大規模な展覧会が企画され、現在開催中です。フランスの国営(創業時は王立)の磁器窯であり、現在も制作され続けている窯ですが、数に限りがあり、希少価値の高いもの。それが、年代別に、初期の18世紀から19世紀、そして現在に至るまでの各時代の輝かしい作品が来日しているのですから、実に貴重な機会と言えるでしょう。各時代で常に新しさを求め続けたセーヴル300年の歴史が一堂に会している本展は、見逃せません。全国巡回予定です。

■ 2017/11/22~2018/01/28 サントリー美術館(東京都港区赤坂)
■ 2018/04/07~2018/07/16 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪市北区中之島)
■ 2018/07/24~2018/09/24 山口県立萩美術館・浦上記念館(萩市平安古町)
■ 2018/10/06~2018/12/16 静岡市美術館(静岡市葵区紺屋町)

日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念展
フィンランドの陶芸 芸術家たちのユートピア

日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念して開催。フィンランド・デザインのゴールデン・エイジと呼ばれる1950年代から1960年代の、アラビア製陶所の美術部門で制作された作品を中心に展示し、フィンランド陶芸を体系的に紹介する初めての展示会として大注目です。全国巡回予定です。
■ 2018/04/21~2018/07/01 茨城県陶芸美術館(笠間市笠間 笠間芸術の森公園内)
■ 2018/07/14~09/06 目黒区美術館(東京都目黒区目黒)
■ 2018/11/17~2019/02/24日 岐阜県現代陶芸美術館(多治見市東町)
■ 2019/04/20~2019/06/30 山口県立萩美術館・浦上記念館(萩市平安古町)
■ 2019/07/13~2019/10/14 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪市北区中之島)