Blog

2018/04/25
知っておきたい名陶 (2)今泉今右衛門

誰もが知る陶芸界の名家をご紹介していく企画の第2弾。 前回の「酒井田家」と並ぶ、色絵磁器の名家「今泉家」です。 […]

2018/04/20
年表的やきもの考 〜近世 (前編)

さて、いよいよ近世、江戸時代にはいってきました。 まずは、江戸時代のやきもの事情から書いてみましょう。 近世の […]

2018/04/18
日本六古窯と私的六好窯 (4)信楽

私的六好窯の第4回は信楽焼。主要地は、滋賀県甲賀郡信楽町です。 信楽は、六古窯の一つでとにかく歴史が古い。正確 […]

2018/04/13
年表的やきもの考 〜桃山の黄金期 (戦国武将と茶の湯)

今回は、千利休と時を同じくして活躍した戦国武将たち、信長や秀吉からみた桃山時代の話をしましょう。群雄割拠の時代 […]

2018/04/11
愛陶家的用語集 (2)萩の七化け

なんとなく聞いたことがある、あるいは知っておくと会話が弾む、愛陶家が口にしがちな言葉を集める企画の2回目。これ […]

2018/04/06
年表的やきもの考 〜室町中期から桃山 (茶の湯の隆盛)

さて、今回も室町時代から話を始めます。茶の湯の隆盛へと向かう時代です。 茶の湯と言えば、千利休とその弟子たちが […]

2018/04/04
日本六古窯と私的六好窯 (3)京

私的六好窯の第3回は京焼・清水焼。主要地は、歴史的には京都市東山区五条坂。ここは街中ですが、今はさらに広がって […]

2018/03/30
年表的やきもの考 〜中世・室町前期まで

さて今回から、歴史という視点で「やきもの」のキーポイントを上げていってみましょう。日本の文化には切っても切れな […]

2018/03/28
国宝のやきもの (1)茶碗

日本にある数々の国宝。 重要文化財は数多いのですが、国宝となると、そんなに多くはありません。まして、茶碗だけな […]

2018/03/23
磁器に至る道

今回のテーマは「磁器」です。よく精製された土をしっかりと焼いて、表面がガラス化し、水をはじく真っ白なやきものの […]