Blog

2018/08/03
「窯」見聞録 〜近世 (前編)

今回はやきもの戦争以後の窯の話です。 このエッセイでも時々でてくる「やきもの戦争」。豊臣秀吉が行った文禄・慶長 […]

2018/07/27
「窯」見聞録 〜中世

さて、窯の話は、大量生産へと進む、中世窯へと移っていきます。 鎌倉・室町時代と進むにつれ、庶民レベルまで陶器が […]

2018/07/25
国宝のやきもの (4)先史

前回は「国宝のやきもの」として、近世の野々村仁清を紹介しましたが、今回はぐっと遡って、日本の先史時代。 1万年 […]

2018/07/20
「窯」見聞録 〜古代から中世へ

さあ、窯の話を続けましょう。まずは平安時代です。 前回に引き続き、穴窯によるやきものが作られ続けていましたが、 […]

2018/07/18
行っておきたい陶芸専門美術館 (2)滋賀県立陶芸の森

陶芸専門美術館を紹介する第2弾。 ・・・当面は、有名ドコロをせめていきますね。 さて、前回が関東圏だったので、 […]

2018/07/13
「窯」見聞録 〜古代 (後編)

では、前回に引き続き、古代の須恵器の窯の話。代表格である陶邑窯跡群について、発見されている構造などをみていきま […]

2018/07/11
愛陶家的用語集 (4)備前の水甕、水腐らぬ

なんとなく聞いたことがある、あるいは知っておくと会話が弾む、愛陶家が口にしがちな言葉を集める企画の4回目。これ […]

2018/07/06
「窯」見聞録 〜古代 (前編)

「窯」見聞録の第5回目にしてようやく、窯をめぐる旅はいよいよ本編に突入します。日本における、本格的な窯の導入の […]

2018/07/04
ロングセラーあるいは歴史的名著 (1)やきもの辞典

長く絶版にならずに定番となっているロングセラー、あるいは、残念ながら絶版となっていても、評価が高い古本でも欲し […]

2018/06/29
「窯」見聞録 〜原始 (脱線の中国編)

今回は、ちょっと脱線ですが、中国大陸の窯の話を軽く触れておきます。 前回に書いたように、日本は現時点では世界で […]

1 2 3 5